学習塾自立学習館のHOMEへ

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
幸せになるマイナス思考
幸せになるマイナス思考 (JUGEMレビュー »)
佐田 弘幸
自分の中にある「マイナス思考」に共感し、幸せになっていく方法が分かります。「マイナス思考」を敵視しない考えが斬新!
RECOMMEND
「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること
「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること (JUGEMレビュー »)
親野 智可等
人気のメルマガ「親力で決まる子供の将来 」をまとめた本です。読むと、気持ちがふっと軽くなり、子どもたちを優しい目で見られるようになります。本書の中に語られる「楽勉」(らくべん)もおススメです。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
自立学習館という個人塾のブログです。
塾の方針や授業の進め方、
内観上手(?)な塾長の考えを綴っています。
2012年授業日の案内です

こんにちは、カウンセラーの卵の「塾長くん」こと鳩島です。
小さな学習塾で、子ども達の「自立学習」の芽(やる気)を育てつつ、
プロカウンセラーになる修業を積んでいます。 

遅ればせながら、本日2012年度の授業日程&コース案内をホームページにアップしました。

大手塾では、2012年度は始まっています。

が、自立学習館は毎年4月スタートです。

まだ、現中3生がしっかり受験勉強の追い込みをしています。

2012年の変更点は授業日です。

週2回コースは月水週3回コースは月水木と月水金を交互に行います。

昨年はカウンセラーになる勉強を進め、模擬セッションを経験したところ、塾での指導法にもいい影響が現れています。

生徒の反応がより深く理解できるようになってきました。今までなら見逃していた、生徒の小さな反応にも素早く気付けます。

すると、説明の仕方や授業の進め方を途中から軌道修正することができ、生徒たちの「わかった!」のレベルが上がりました。

一人ひとりにあった指導法で、一人ひとりの充実度・満足度がさらに上がる授業ができるようになったのです。

今は、塾の授業をするのが、とても楽しくなっています。気持ちは周りに伝わります。

生徒たちも、なんとなく明るい気持ちになり心地よく勉強に集中できます。

来年度(2012年度)も、塾生達と、一緒に勉強で楽しみ、一緒に成長していきたいと思っています。

「勉強が楽しい? 本当?」

興味のある方は、是非お問い合わせください。

| 塾の方針 | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新しい人が入ってくると・・・(教材編)
こんにちは、カウンセラーの卵の「塾長くん」こと鳩島です。
小さな学習塾で、子ども達の「自立学習」の芽(やる気)を育てつつ、
プロカウンセラーになる修業を積んでいます。 

入会を決め、塾で勉強をはじめるとき

私(塾長)から、本人や保護者の方にいろいろと質問をします。

どんなところが苦手ですか?

学校の授業はわかりますか?

学校のテストではどれくらいの点数がとれますか?

好きな科目(単元)は?
得意な科目(単元)は?

本は読みますか?

家での学習時間は、どれくらい?

質問をしなくても、お母さんが自ら話してくださることもあります。

こういう質問や話し合いを通して、生徒さんの学力の大まかな把握をします。

そして、そこから学力を伸ばす学習プランを考えます。

ある人には、自分でどんどん進める応用教材を用意し、
またある人には、学校で使っているワークをそのまま使い、
またまたある人には、中学の最初からしっかりと基礎を学べる教材を準備します。

一人ひとりに、最適なものを考えると、ばらばらの教材になります。

そして、学習を始めます。

何回か授業を進めていくと、教材が最適かどうかがわかってきます。

ぴったりあっていれば問題ありません。

当初の予測より、教材が難しすぎたり、簡単すぎたりした場合は、教材を変えます。

今のレベルから伸びていくのに、「ちょうどいい」教材をいつも使えるように気をつけています。



「ちょうどいい」教材を使っているときは、生徒の集中力が違います。

どんどん学習が進み、気がつくと塾の終わりの時間ということも珍しくありません。

生徒のコメントも「今日は、あっという間に塾が終わりました」となります。

「達成感&充実感&おもしろさ」を感じてくれたんだと思い、塾長の私は心の中でガッツポーズです。



その生徒にとって、「旬」な教材を用いるように気をつけています。

学力の伸びと一緒に使う教材が「成長」していきます。

そういうときの教材選びは楽しいです。


| 塾の方針 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |