学習塾自立学習館のHOMEへ

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
幸せになるマイナス思考
幸せになるマイナス思考 (JUGEMレビュー »)
佐田 弘幸
自分の中にある「マイナス思考」に共感し、幸せになっていく方法が分かります。「マイナス思考」を敵視しない考えが斬新!
RECOMMEND
「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること
「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること (JUGEMレビュー »)
親野 智可等
人気のメルマガ「親力で決まる子供の将来 」をまとめた本です。読むと、気持ちがふっと軽くなり、子どもたちを優しい目で見られるようになります。本書の中に語られる「楽勉」(らくべん)もおススメです。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
自立学習館という個人塾のブログです。
塾の方針や授業の進め方、
内観上手(?)な塾長の考えを綴っています。
ブログ移動のお知らせ

2018年1月より、

 

自立学習館公式ブログ「合格の種」は

アメーバブログに移動しました。

 

こちらをクリックしてください。

自立学習館公式ブログ「合格の種」

 

 

 

 

| - | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
意味を考えると覚えられた!
新中1生のAくんは、

学校の授業で昔の月の読み方を教わりました。

睦月(1月)から師走(12月)まで覚えているかの口頭テストもあったそうです。

残念ながらテストで、いくつか思い出せませんでした。

全部言えて合格です。

その日のテストでは不合格で、次回の授業のときに再テストすることになりました。

塾でその話を聞いた私は、

「じゃ、今から覚えなおそう」と授業を「覚え方講座」に変更しました。

まず、最初にA君に言ってもらいます。

「むつき・きさらぎ・やよい・うづき・さつき」と順調に進むのですが、
水無月(みなづき:6月)でつまづきます。

「みなづき」というひびきが覚えにくいようでした。
その後は「長月(ながつき:9月)」「霜月(しもつき:11月)」あたりもあやふやです。

どうやって覚えたのかな?と質問すると、

「何回も繰り返して言っている」とのこと。

呪文のようにぶつぶつと言っていたようです。(多くの人がそうすると思います)
一般的な暗記法ですが、覚えてもすぐに忘れてしまうことも多いのではないでしょうか。

そこでAくんにアドバイスです。

「覚えにくいところは、イメージしたり、意味を考えて覚えると、思い出しやすくなるよ、一緒に工夫してみよう」





「みなづき」は漢字で書くと「水が無い月」です。
でも6月は梅雨でたくさん雨が降るイメージです。
Aくんには「雨がたくさ降るのに水無月」と覚えてもらいます。

そのときに目をつぶって「雨がたくさん降っている場面」イメージしてもらいながら覚えるのです。
イメージに言葉を結び付けます。

長月(9月)は、秋になって夜がだんだん長くなる月と覚えようと提案。
秋の夜長をAくんなりにイメージしてもらいました。

霜月(11月)は寒くなって霜が降りる月だと説明します。
11月ころから寒くなるなと、Aくんも実感できます。

水無月=雨が多いけど、水がない(ま逆のイメージ!)
長月=夜が長くなる
霜月=霜が降りるほど寒い

と理解し、そのイメージと言葉を結びつけることで記憶の定着をはかります。

イメージした後、睦月から師走まで言ってもらいます。
今まであやふやだったところで、つまづいたときに、
「雨がふるけど・・・」
「夏が終わって、日が短くなって・・・」
「10月の後、寒くなってきて・・・」
とヒントを出すと、「あ!水無月!!」「長月!!」「霜月!!」と嬉しそうにこたえてくれました。

数回繰り返すと12ヶ月すらすらと言えるようになりました。

今日の授業の感想に
「いろいろ意味とか考えれば、月の名前が言えたので良かったです!」
と書いてくれました。

好きなこと、興味のあることは、苦労しなくて自然に覚えられますが、苦手意識のあるものはなかなか、記憶できません。なかなか「思い出すこと」ができません。

そこで、「思い出す」ための「きっかけ」を作っておけば楽に記憶できます。丸暗記ではなく、印象に残るイメージ記憶が、勉強を楽しく進めるコツです。

自立学習館では、こういった方法を使えるように指導をしていきます。
授業前に、「記憶術ゲーム」をして、楽しみながら頭を鍛えています。

イメージ記憶を使う練習使って、記憶名人になりませんか?



体験授業のお問合せ
コース案内
時間割・料金
教室地図
 
| 塾便り | 17:19 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
模擬試験を受けて
春期講習終了後、新中3生は模擬試験(兵庫模試)を受けました。

全員ではなく、希望者のみです。

中1や中2のときにも模試の案内はしていたのですが、参加者はほとんどありませんでした。

今回は案内のときから違います。

「おい、どうする?」

「受ける?」

「やってみよか」

「いや、もうちょっと勉強してから・・・」

と生徒同士で、盛り上がっています。


やはり、3年になると意識が変わってきました。

そして、今回は3人が受験することになりました。

試験を受けた直後の感想は、

「けっこう出来た!」とのこと。

好調な滑り出しのようでした・・・・。



2週間後、採点答案と成績報告書を受け取ったところ・・・。

「うーん」

「えー!」

と落胆する声が聞こえます。


予想以上に低い成績でした。


普段は平均点を余裕で越えている生徒が、平均すれすれです。

学校の試験とは違うことを実感しました。

志望校判定でも、厳しめの言葉が並んでいます。

私は「みんながショックをうけてやる気を失せるんじゃないか」と心配しました。



ところが・・・、

「うわー、勉強せなー」

「これから、ずっと勉強や」

「先生、今度はいつ?」

と前向きなコメントです。

今回受けてない生徒も、刺激をうけ

「次は受けよかかな」と腕試しの感覚で前向きに捕らえています。


受験生には、ちょっとショックなスタートですが、

いい「ショック」になったようです。


自分のことが好きで、自己肯定感がある子どもは、ショックなことがあってもそれを受け止めることができます。

そして、それを自分の成長の糧にできます。

不都合なことを無視したりしません。

リベンジを誓う生徒たちをみて、彼らの成長に、自分も少しは貢献できたのかなと嬉しく思いました。


次回の模試は5月末です。

彼らの再挑戦が楽しみです。



体験授業のお問合せ
コース案内
時間割・料金
教室地図















 
| 塾便り | 10:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
苦手な証明問題が・・・
中2数学で、多くの人が頭を悩ませるのが、

「証明問題」です。

図形のいろいろな性質を使って、論理的に根拠を挙げていき、最後に結論を書きます。

他の単元と異なって、計算はありません。記述オンリーです。

その特殊性か、嫌われ度ナンバー1です。

昨年度も、証明問題を学ぶ季節(年末から3学期にかけて)になると、

塾生も全員悩んでいました。

生徒のコメントにも、
「むずかしすぎる証明」
「証明わからん、もういや。わからなすぎて笑う」
「もっと証明問題が出来るようになりたい」
等の不安な言葉が踊っていました。

神戸市西区の個人塾 自立学習館 & 内観カウンセラー
そこで、まず証明アレルギーを薄めていこうと、簡単な内容の「証明の穴埋め問題」を、オリジナルプリントで繰り返すことにしました。

それでも、証明の穴埋め問題が塾プリントで最初に出たときは、

「うわー、出たー、証明問題やー」と嘆きの声があがります。

「教えて、教えて」と数学な得意な生徒に、多くの生徒が声をかけます。

そんな混乱がしばらく続きましたが、回数をこなしていく毎に、聞かなくても自分たちで出来るようになってきました。

そして先日の春期講習で全て自分で記述する証明問題をしました。

いつもの穴埋め式ではない問題に、戸惑う生徒もいます。

そこで、ホワイトボードに、証明の記述の書き方のヒントを書くと

「ああ、そうか」と自分たちで記述を進めます。

穴埋め式で繰り返し見てきた、記述の形式を思い出せたのです。

おお、なかなかやるなとこちらも内心喜びます。

さらにうれしいことに、次の証明問題では、ヒントを出さなくてもどんどん自分たちで解き始めます。

おお!さらにこちらもテンションがあがります。

やっぱり、繰り返せば自分のものにできるんだと教える側も大満足です。

この日のコメントには

「証明をやって、前よりも解るようになってうれしかったです」

と前向きなものがありました。

やったー、復習の勝利やー

3年に進学した今も、証明問題をプリントで続けます。

苦手からみんなの得点源にしていく野望を進めています。



体験授業のお問合せ
コース案内
時間割・料金
教室地図
 
| 自立学習館の学習の秘密 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春期講習終わりました
4月3日に3日間の春期講習が終わりました。

夏や冬に比べると、日数が少ないですが、

受講生は手ごたえを感じてくれたようです。

内容は、新2年と新3年は1年間のまとめ(復習)をしました。

予習はしていません。

あやふやなところをしっかりと理解し、
できる様にすることが特別講習の目標です。

「思い出し回路」を強化していきます。

受講生のコメントも、

数学では
「今までよく分らなかった、方程式ができるようになった。嬉しい」
「確率が良く分った、よかった」
「確率の樹形図の書き方が改めてよく分った」
「証明の問題が自分でできるようになった」

よくできました

英語では
「比較が得意になってきた」
「英単語テスト80点で合格したけど、次は100点合格を目指す!」
「長文が早く日本語にできるようになった、嬉しい」


と出来るようになったことを具体的にあげてくれました。

また「いろいろな復習ができたよかった」
と復習中心の内容に満足したコメントもありました。


一般的な講習では、復習と新学年の予習(1学期の内容)の両方を行うことが多いですが

自立学習館では、復習重視です。

今週から新しい年度の授業が始まりました。

まずは、来週の課題・実力テストに向けての勉強を頑張ってもらいます。

もちろん、復習中心で!





体験授業のお問合せ
コース案内
時間割・料金
教室地図

 
| 塾便り | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |