学習塾自立学習館のHOMEへ

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
幸せになるマイナス思考
幸せになるマイナス思考 (JUGEMレビュー »)
佐田 弘幸
自分の中にある「マイナス思考」に共感し、幸せになっていく方法が分かります。「マイナス思考」を敵視しない考えが斬新!
RECOMMEND
「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること
「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること (JUGEMレビュー »)
親野 智可等
人気のメルマガ「親力で決まる子供の将来 」をまとめた本です。読むと、気持ちがふっと軽くなり、子どもたちを優しい目で見られるようになります。本書の中に語られる「楽勉」(らくべん)もおススメです。
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
自立学習館という個人塾のブログです。
塾の方針や授業の進め方、
内観上手(?)な塾長の考えを綴っています。
<< 自立のりっちゃん | main | 「待てる」人(その2) >>
待てる人(その1)

 昔の話を少し、

塾を始めた当初は、いかに効率よく教えるかを考えて、生徒を指導していました。80分授業(注:当時の授業の長さです。いまは110分授業です)の中で、生徒たちが困らないように先回りして、コツを教えていました。説明をした後、生徒にその方法で解かせます

このやり方で、伸びる生徒もいたのですが、伸びない生徒も意外にいました。当時、伸びない生徒に対して、「努力の仕方が足りないな、もっとがんばって勉強したらいいのに」と思い、伸びない原因を、生徒の努力不足と決め付けていたのです。

そんなときに、自分の教え方を見直す思いつきが浮かびました。

新しいとき方を生徒に説明しながら頭の片隅では、次ぎに教えるやり方の手順を考えています。そうしながら、「ここまで丁寧に教えられら、もう自分で考えて解くことはしなくなるんじゃないか?」と考えてしまったのです。

確かにテスト対策としては効率はいいかもしれない。が、試行錯誤を繰り返して得た知識のほうが、理解が深く忘れにくくなることを思い出しました。自分が学生だった頃は、そうだったのです。一方、理解があやふやのまま、丸暗記した友人はやり方をすぐ忘れていたことも思い出しました。

塾の生徒をみても同じです。伸びない生徒は、解法の暗記に気がいってしまい、深い理解をしようとしません。丸暗記をしようとするので、やり方を覚えても次回には忘れてしまっていることが多いのです。

伸びる生徒は、塾で教えられたことを、鵜呑みにせずに自分なりに考えて納得し、自分のものにしていきます。暗記するために努力したという感覚はなく、自分で考えながら解いていくうちに、自然に覚えてしまったという感じです。

どうやったら生徒たちに深く考えさせて、理解させることができるだろうか?

新しいやり方の模索が始まりました。
(続く)



体験授業のお問合せ
2015年コース案内
2015時間割・料金
教室地図

| 内観・カウンセリング | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.jiritsu-gakushu.com/trackback/1089565